城北会の会費制度について ご理解とご協⼒のお願い

城北会は、平成28年4⽉にそれまでの任意団体から⼀般社団法⼈となりました。 同窓会としての本質が変わるものではありませんが、より社会的責任を意識した運営が求められ るところです。城北会の持続的運営の基盤はすべての会員の公平な負担に基づく安定的な会費収⼊です。しかし残念ながら会費納⼊の現状はその理想からはかなり遠いものです。

年会費納⼊へのご協⼒のお願いに対して、時として⽿にするのは、「⾃分は終⾝会費を払っ たのに、なぜいまさら年会費を払う必要があるのか」という声です。昭和年代卒の会員の中 には、旧城北会において実施されていた「終⾝会費」納⼊の呼びかけに応じた⽅も少なくな いと思います。当時の城北会執⾏部がどのような判断で終⾝会費制度を導⼊したのか、今となっては明確には判りません。その当時の⾼⾦利を背景とし た制度設計だったものと推測されますが、その後バブル崩壊に伴う低⾦利状態が続いたことによって⽴ち⾏かなくなりました。⼀時的に維持会費という制度が導⼊されましたが、それも⽴ち⾏かず、結局平成13年から年会費制度に戻って現在に⾄っています。

この間の経緯に釈然としないものを感じておられる会員は多いと思います。過去の会費制度の紆余 曲折について改めてお詫びいたします。会員各位におかれましては、現在の年会費制度が城北会運営の基盤であることをご理解の上、将来の城北会の発展のため年会費納⼊にご協⼒ くださるようお願い申し上げます。

CALENDAR

2024年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

SHOPPING GUIDE